×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大手消費者金融 中小消費者金融 審査の違い

大手消費者金融と中小消費者金融の審査の違い

国内にある消費者金融と言う金融機関は、全国にゴマンとあります。

多分銀行の支店よりも多いのではないかと思われますが、無名の金融機関が圧倒的に多いです。
そして、それらの消費者金融は、中小とか中堅、小規模という区分される小さな消費者金融です。
大手消費者金融などは、会社としての規模はもちろんですが、タレントを使ったCMなどで大々的に宣伝をしています。
中小消費者金融などでは、宣伝ではなく、昔からの顧客相手と最近ではインターネットでのホームページ公開で集客を狙っています。

 

この大手と中小の大きな違いは、規模ではなく審査基準です。
中小消費者金融では、審査を甘くすることで、大手消費者金融で借りられなかった方を対象に、大手消費者金融よりは少し高い金利で貸出をしています。
これが審査の甘い中小消費者金融ですが、ほぼ全国に点在していて、特に大都市に集中しています。
インターネットを使うことで。全国から申し込みも多く、毎日連絡がくる大盛況なところもあります。
大手消費者金融の審査が全ての基準ではなく、ここで甘くしてしまうと、中小消費者金融が倒産をしてしまうという裏事情もあります。
大手と中小のバランスが審査に違いによってうまく行っていると言っても良いでしょう。

 

その審査で共通していることが2つあります。
・収入がある方、年収として書類提出ができること
・延滞をしていない
ことです。
これは、消費者金融の審査ではどんなところでも絶対条件とされていて、審査が甘い中小消費者金融でも譲れない部分です。
その他では、多重債務者ですが、あまりに多額に借金を持っている方は、借入れは出来ないことが多いです。
というのも多少は良いと言うのは返済能力がある場合のみで、返済ができないのに、借金の申し込みはいずれも審査落ちになります。

 

大手消費者金融などでは、最近は簡易審査ですぐに借入れの合否が出ます。
そこでダメなら中小消費者金融に行きましょう。
簡易審査だけではなく、電話で事情を聞かれたり、プライベートもイロイロ明かす必要があるのですが、全て返済ができるかどうかの探りです。
大手消費者金融の審査落ちは、返済の限界額を超えているでしょう?ということですが、中小消費者金融では、どうしたら返済額をひねり出すのですか?というスタンスです。
その上で、返済できるという方にだけ借入れが出来ます。

関連ページ

銀行より消費者金融の方が借りやすい
お金払いの悪い無職の友人から1万円を貸してと言われた時、あなたはどうしますか?この相手が、いつもすぐに返してくれる人なら、すぐに貸しますが、以前なかなか返済をしてくれなかった友人には、すぐに貸すことが出来ないでしょう。消費者金融やカードローンの審査は、そんな感じです。
延滞がポイント、携帯電話ブラックにも気をつけて
審査の甘い中小消費者金融であっても、5社の多重債務者でも審査は通るのに、1ヶ月の延滞をしているとそれだけでアウトになってしまうのです。携帯電話の引き落としができないばかりにキャッシングに多大な影響があるなんていうことはあってはならないことです。
大手消費者金融審査落ちならもうダメ?
中小消費者金融の存在に否定的で、大手消費者金融魔の審査落ちはブラックリスト。それ以上の借金を作った場合は、ブラックリストの長くするだけですと言うものです。これは間違ったものではなく、アコムなど大手消費者金融でだめだった方は、信用情報機関の金融事故がある方が多いです。