×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

銀行 消費者金融 借りやすい

銀行より消費者金融の方が借りやすい

お金払いの悪い無職の友人から1万円を貸してと言われた時、あなたはどうしますか?

この相手が、いつもすぐに返してくれる人なら、すぐに貸しますが、以前なかなか返済をしてくれなかった友人には、すぐに貸すことが出来ないでしょう。
消費者金融やカードローンの審査は、そんな感じです。
友人であったとしても、以前の付き合いから、こいつに貸しても返してくれないから?というのが、審査でいう信用情報機関の照会です。
そして、今働いていないじゃんが無収入、えっ?他のやつからも借りているの?が多重債務です。
このように消費者金融等の金融機関の審査は、自分が貸す段階になると納得の内容なのです。
収入もなく、他社(他人)の借入があり、以前の延滞(返さない)奴にはお金は貸せないというのです。

 

A銀行では即刻審査落ちだから、消費者金融のキャッシングに申し込み。
すぐに審査が通ったと言う経験がある方もいます。
これは銀行と消費者金融の審査基準の違いですが、銀行系のキャッシングは審査は厳しいです。
しかし、消費者金融は総量規制があり、限度額が年収3分の一のラインまでですが、銀行はもう少し多額の範囲になっています。
これが審査の厳しさを増す原因ですが、低金利がウリの銀行というのも要因としてあります。
銀行では、より返済能力が高い方にお安くキャッシングができます。

 

もともと銀行と消費者金融は法律の違いのですが、銀行は総量規制対象外です。
高い年収で公務員かしっかりとした会社員じゃなきゃだめじゃん?ということになりますが、これは否定しません。
本当にそうなのです。
しかし、専業主婦に関しては、消費者金融では対応していないのですが、銀行カードローンは信用情報の照会だけでOKの審査です。
矛盾していると思われますが、奥さんを専業主婦としてできるだけの高い年収の配偶者が存在しているというのが大きな保証になるのです。

 

こうして、銀行と消費者金融の審査は違い、消費者金融が借りやすいのです。
金利は多少高いのですが、10万円の場合でも数千円の違いです。
とりあえず、その範囲で間に合うのなら、大手消費者金融の審査に通るのなら結果往来ということです。

 

融資会社はいろいろありますが、借りやすいとされる消費者金融の審査が標準と言えるでしょう。
ここでダメなら、他はないと思うのも借り過ぎ注意の喚起といえます。

関連ページ

大手消費者金融と中小消費者金融の審査の違い
国内にある消費者金融と言う金融機関は、全国にゴマンとあります。多分銀行の支店よりも多いのではないかと思われますが、無名の金融機関が圧倒的に多いです。そして、それらの消費者金融は、中小とか中堅、小規模という区分される小さな消費者金融です。
延滞がポイント、携帯電話ブラックにも気をつけて
審査の甘い中小消費者金融であっても、5社の多重債務者でも審査は通るのに、1ヶ月の延滞をしているとそれだけでアウトになってしまうのです。携帯電話の引き落としができないばかりにキャッシングに多大な影響があるなんていうことはあってはならないことです。
大手消費者金融審査落ちならもうダメ?
中小消費者金融の存在に否定的で、大手消費者金融魔の審査落ちはブラックリスト。それ以上の借金を作った場合は、ブラックリストの長くするだけですと言うものです。これは間違ったものではなく、アコムなど大手消費者金融でだめだった方は、信用情報機関の金融事故がある方が多いです。