×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

延滞 携帯電話ブラック

延滞がポイント、携帯電話ブラックにも気をつけて

お金が借りることが出来ない、審査が通らなかった。

これは消費者金融だけの世界ではなく、住宅ローン、自動車ローンなども同じです。
また、ショッピング等のカード払いのときにも、いきなり使用出来ませんというのも審査が関係しています。
最初にカードローンや消費者金融に申し込みは出来たのに、途中から審査がダメになってしまうことは良くあるのですが、みの覚えがないという方もいます。

 

返済は守っている、限度額も超えていないのにどうして?
そんな方に携帯電話の支払いについて伺いたいのですが、例えば、携帯電話の契約のときに、新機種を手にしたことで、毎月の電話料金の支払いとともに機種代を払う方は多いです。
A銀行の引き落としにするのだけど、たまたまここに入金するの忘れてね、こないだも通話が止まったよ、なんていうことはありませんか?
消費者金融と携帯電話の関係はないのですが、新機種のお金は毎月のクレジット払いです。
通話がとまるのは、電話料金だけですが、その時にクレジット払いも延滞していることになります。

 

これが審査で引っかかってしまうのです。
携帯電話ブラックと言うもので、1回や2回ならいいんです。
ただし、毎月続けてのブラックはNG。
保証会社からの信用も失い、個人信用情報機関で報告にいくと、キャッシングができない事になってしまうのです。
携帯電話だけではなく、延滞そのものは案外と審査では厳しい判断になります。

 

審査の甘い中小消費者金融であっても、5社の多重債務者でも審査は通るのに、1ヶ月の延滞をしているとそれだけでアウトになってしまうのです。
携帯電話の引き落としができないばかりにキャッシングに多大な影響があるなんていうことはあってはならないことです。
借入れができない、信用情報には自信がある、たまに携帯電話は使えないけれどね、と言うのは間抜けとしかいいようがないのです。

 

クレジットカードとキャッシングは関係ないと言われる場合があります。
ショッピング枠とキャッシング枠の違いですが、これも延滞をしているときには審査に響きます。
どんな場合でも延滞はNG、銀行系カードローン、ネットB銀行や大手C銀行などではもっと厳しく、たった一回の延滞で全ての審査が通らない事もあります。
ちなみに、住宅ローンの場合は、この延滞記録があるだけで、対応しない金融機関が多数あります。

関連ページ

銀行より消費者金融の方が借りやすい
お金払いの悪い無職の友人から1万円を貸してと言われた時、あなたはどうしますか?この相手が、いつもすぐに返してくれる人なら、すぐに貸しますが、以前なかなか返済をしてくれなかった友人には、すぐに貸すことが出来ないでしょう。消費者金融やカードローンの審査は、そんな感じです。
大手消費者金融と中小消費者金融の審査の違い
国内にある消費者金融と言う金融機関は、全国にゴマンとあります。多分銀行の支店よりも多いのではないかと思われますが、無名の金融機関が圧倒的に多いです。そして、それらの消費者金融は、中小とか中堅、小規模という区分される小さな消費者金融です。
大手消費者金融審査落ちならもうダメ?
中小消費者金融の存在に否定的で、大手消費者金融魔の審査落ちはブラックリスト。それ以上の借金を作った場合は、ブラックリストの長くするだけですと言うものです。これは間違ったものではなく、アコムなど大手消費者金融でだめだった方は、信用情報機関の金融事故がある方が多いです。